セットアップ手順

実行環境のセットアップ

Pickles Framework を動作させるために必要な環境を予め用意する必要があります。
次のページの内容を参考に、環境を用意してください。

Pickles Framework のセットアップ

  1. Pickles Framework のソース一式をダウンロードする。
  2. 解凍する。
  3. htdocsに格納されたファイル一式を、お使いのウェブサーバーのドキュメントルート配下の任意のディレクトリに設置する。
  4. ウェブブラウザからアクセスする。

パーミッション設定

次のディレクトリとそれ以下の全てのファイルに、Apacheが書き込みできるパーミッションを設定してください。

  • ./_PX/_sys
  • ./_caches

PXコマンドに関する注意事項

PXコマンドは、パブリッシュ機能(?PX=publish) や テーマ選択機能(?PX=themes)の他にも、Pickles Framework を便利に使うためのさまざまな機能を提供します。PXコマンドはサーバー内部の情報にアクセスしたり、サーバー上のデータを書き換えるインターフェイスを提供するため、第3者にアクセスされると大変キケンです
Pickles Framework をインターネット上のサーバーで動かす場合には、次のことに注意してください。

  • ウェブ制作環境として利用する場合、利用基本認証やIP制限などの処理を施し、一般のユーザーがアクセスできない場所に設置してください。
  • または、Pickles Framework 上に構築したウェブアプリケーションをサービスとして公開する場合、設定ファイル (./_PX/configs/mainconf.ini) の [system] allow_pxcommands の値を 0 に設定し、PXコマンド機能を無効にしてください。
    [system]
    allow_pxcommands = 0 ; PX Commands の実行を許可するフラグ(1=許可, 0=不許可)
    

<前へ | 次へ>

次期バージョン Pickles 2 を公開しました。もっと詳しく