MacOS + MAMP の方

MAMPは、Apache, MySQL, PHP をパッケージとして一括インストールすることができるソフトです。
Pickles Framework の開発で必要なApacheとPHPが簡単にインストールできるので、Macユーザの方にはMAMPのインストールをお勧めしています。

  • ※MAMPのインストールは必須ではありません。システム要件を満たすことができていれば問題ありません。詳しくはシステム要件のページを参照してください。

MAMPのダウンロード

MAMPの公式サイトからパッケージをダウンロードしましょう。

MAMP公式サイト
http://www.mamp.info/en/

左側の灰色のアイコンの下の "Download Now" からダウンロードすることができます。

MAMPのインストール

ダウンロード後、ZIPファイルを解凍すると、拡張子がdmgのファイルが作成されます。
dmgファイルをダブルクリックで実行すると、MAMPのライセンスが表示されます。問題がなければ Agree をクリックします。

MAMP, MAMP PRO x.x.x というフォルダが作成されるので、Applications フォルダにドラッグします。

MAMP の中に MAMP.app というファイルがあるので、ダブルクリックで実行してください。
以下のようなダイアログが表示さることを確認してください。

「サーバを起動」を実行して左側の「Apacheサーバ」「MySQLサーバ」の状態が赤から緑に変わったことが確認できたら、「スタートページを開く」を実行してください。以下のようなページが表示されればインストール成功です。

MAMPのバーチャルホストのカスタマイズ

MAMPをインストールすると、デフォルトでは /Applications/MAMP/htdocs/ がローカルディレクトリとして設定されており、ローカルディレクトリは、http://localhost:8888/ でブラウザで表示を確認することができます。

このままでも開発は可能ですが、実際に仕事を行っていると同時に複数のプロジェクトの環境を自分のマシンに作っておきたいという状況に必ずなるので、事前に複数のバーチャルホストをきっておくと便利です。

バーチャルホストの設定は以下2ファイルで行います。

  • ※ 作業の前に必ずファイルのバックアップをとりましょう。
  • /Applications/MAMP/conf/apache/httpd.conf
  • /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

httpd.conf を設定する

httpd.conf は次のパスにあります。

  • /Applications/MAMP/conf/apache/httpd.conf

このファイルの下の方(およそ524行目あたり)に、次のような記述があります。

# Virtual hosts
#Include /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

この2行目の先頭の # を削除して、コメントアウトを解除します。

# Virtual hosts
Include /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

httpd-vhosts.conf を設定する

httpd-vhosts.conf は次のパスにあります。

  • /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

このファイルの一番下に、作成したいバーチャルホスト分以下の記述を追記します。

Listen 8001

<VirtualHost *:8001>
    DocumentRoot "/Users/userId/web/localhost_8001/htdocs"
    <Directory "/Users/userId/web/localhost_8001/htdocs">
        AllowOverride All
    </Directory>
</VirtualHost>

この例では、 http://localhost:8001/ にアクセスしたら、 /Users/userId/web/localhost_8001/htdocs にあるファイルが表示されるように設定します。お使いの環境に合わせて適宜変更して設定してください。

MAMPの再起動

上記の設定ができたら、MAMP のコントロールパネルから MAMP を再起動します。

新しく設定したバーチャルホスト http://localhost:8001/ にテストファイルなどを置いて正しく設定ができているか、確認してみてください。

<前へ | 次へ>

次期バージョン Pickles 2 を公開しました。もっと詳しく